知人と疎遠になっても

カメラ自分で保管するために、旅行写真などの思い出をフォトブックにまとめることも正しいフォトブックの使い方だと言えますが、フォトブックは知人にプレゼントする目的で作っても良いと思います。旅行に一緒に赴いた知人のために、自分用ともう1つフォトブックを作成してプレゼントすれば、喜んでもらえるのではないでしょうか。

大人になると仕事や結婚などさまざまな理由から、親しくしていた友人や知人と疎遠になってしまうことも充分に考えられます。気軽に旅行に行けるような距離から知人がいなくなってしまっても、思い出があればその関係性が薄れることはありません。しばらく会えなくなってしまっても、フォトブックを介してまた話が盛り上がることも考えられますし、フォトブックが関係を繋いでくれることもあるでしょう。

思い出を共有してからフォトブックをプレゼントするまでに、期間が空いてしまえばその分だけ思い出は色あせてしまいますが、なるべく早い段階でフォトブックを作成し知人にプレゼントすれば、将来的に疎遠になってしまっても関係が途絶えにくくなります。いつまでも仲良くしていたいと感じられる友人に向けて、フォトブックをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

大きさも文字も自由

アルバム本を一冊作成するとなると、漫画や小説を思い浮かべるかたもいらっしゃいますが、それらと比べるとフォトブックのページ数は非常に少なく、20ページにも満たないページ数で作成することが可能です。あくまで写真を収める物となりますので、素人のかたでも気軽に作成できるページ数だと言えるのではないでしょうか

そしてフォトブックの優れている点として、撮影した写真を収めるだけではなく、一冊の大きさやページ内に記入する文字の内容やフォントも自由自在であるという点です。A4サイズのフォトブックが一般的ですが、中にはメモ帳サイズのフォトブックを作成することも可能となりますので、常に荷物にならない程度に持ち歩きたいというかたにはピッタリの大きさだと言えるでしょう。

ただ写真をまとめるだけではなく、どのシーンで撮影した写真であるかといった備考や、だれと言った旅行なのかという点を文字で書き留めておきたいかたにも、フォトブックは有用性を発揮します。メインはあくまで写真となりますので、あまりにも多くの文字数を記載することはできませんが、簡単な文章やプレゼント用に作成したフォトブックならメッセージを記載することも可能です。想像した分だけ凝ったフォトブックを作成できますので、モノ作りが好きなかたなら特に熱中できるのではないでしょうか。

旅行写真を一冊に

旅行に赴いた際、その土地の観光スポットや名産品をまったく写真に収めないというかたは少数派になるのではないでしょうか。大半のかたは旅行気分を旅行が終わった後にも楽しめるように写真撮影に余念がありませんし、記念品としても重宝されると思います。

スマートフォンで撮影した写真に関しては、自身でいつでも見返すことができることから、フォトブックを作成して形に残そうとは考えにくくなりますが、デジカメに収めた場合にはその限りではありません。携帯電話と違い、常に持ち歩く物ではありませんので、撮影した写真を頻繁に見返すことはしないでしょう。

友達ういった旅行写真をスマートフォン以外で撮影した場合、一冊のフォトブックにまとめて自室に置いておくと、気軽に手に取れるようになりますので思い出が色あせなくなります。一緒に旅行へ赴いた知人や恋人と、共同でフォトブックを作成しても作る楽しさを味わうことができますので、魅力的な要素と言えるでしょう。

外装などオシャレな形に作り上げることも可能ですので、自室に一冊フォトブックがあると室内を彩ってくれる要因ともなり得ます。フォトブックを作成して旅行の思い出を形に残すのとともに、オシャレな外装も楽しんでみてはいかがでしょうか。

フォトブックの使い道

久しぶりにデジカメのデータを見直してみると、昔撮影した写真が出てきて思い出がよみがえってきた経験はありませんか?スマホでも機器自体が壊れない限りは自身で消さないと、半永久的に撮影した写真が保存されますし、予想していなかった思い出との邂逅に当時の気持ちを思い出すことも少なくはありません。

そういった昔の写真にはその時間を共有した人にしか分からない価値がありますが、どうしても面倒に感じられてついつい現像するのを忘れてしまいがちです。ネットワークプリントを活用すれば簡単に形として残すことが可能です。スマホアプリをダウンロードすればスマホに溜まった写真もすぐにフォトブックに出来ます。(参考HP:フォトブック作成/しまうまプリント

それでも忙しい毎日に追われていると、なかなか手が伸びないかたも多いことでしょう。ですが、フォトブックの使い道を理解すると、多少面倒に感じられる作成や現像に対しても、前向きな気持ちを抱きやすくなります。旅行に行った際の写真を一冊にまとめることができますし、自分だけのアレンジを加えて世界に1つだけのフォトブックの作成も可能なのです。

プレゼント用にフォトブックを作成して、旅行などの時間を共有した知人に渡せば、仮に知人と疎遠になったとしても、思い出を共有することができます。フォトブックには作成すれば魅力的に感じられる要素がたくさんあると言えるでしょう

こちらでフォトブックを作成して思い出をまとめることのメリットを詳しくご紹介いたします。撮影した写真を1つのフォトブックにまとめ、思い出を大切に取っておいてはいかがでしょうか?